12月の読書会『どくラジ部 冬の読書フェア』

みなさまこんにちは。
11月は管理人の本業が多忙のため、読書会は無しになりました。
彗星教室も随分ながらく開催できてませんね……2020年には、活発にできるよう、準備に入っているのですが。

しかし。本年最後のイベントが決定しました!
ツイッターで繋がった、まふぃさん、BookFairのふっかーさん、そして私、森大那の3人による、2日間連続の読書会です。
その名も『どくラジ部 冬の読書フェア』

まふぃさんはツイッターにて、各地の読書会やオススメの本を紹介する放送『どくラジ』を継続的に配信されているのですが、関西にお住いの彼女が、ついに東京の読書会に参加、彗星読書倶楽部とBookFairにゲストとして来て下さることになりました。
こないだの『彗星・風町読書会』といい、オンラインからオフラインの輪が広がっています……!

まふぃさんのこの『どくラジ』で告知されました。アーカイブ聴けます。

2日のあいだに、計4種類の配信を行います。

12月14日、12時から彗星ポッドキャストのライブを放送。
3人の「人生に影響を与えた3冊」について話します。
その後15時からは、いつもお世話になっている『弥生坂 緑の本棚』にて、
夢野久作「死後の恋」を読む読書会。
これはいつもの彗星読書倶楽部スタイル。でも、映像&音声を配信します。つまり、日本全国どこにいても、ライブで読書会をご覧になることができ、また終わった後はアーカイブもご覧になれます。
当日、ライブ配信アプリPeriscopeにログインできる方は、会場にいるまふぃさんにコメントを送ることが可能。コメントは会場にフィードバックされますので、彗星読書倶楽部の読書会に参加できてしまいます!

続く15日は、10時からふっかーさんによる「BookFair」。
こちらも、主催者3人のバックステージを中心にライブ配信します(こっちはアーカイブなし)。
その後、15時からはアフタートーク。私とふっかーさんが、吉本ばななの小説『キッチン』を読み、まふぃさんに感想を語ります。

まふぃさんによるより詳しいツイートがこちら。

さて、ここからは、12月14日の読書会の参加要項。

  • 課題作品:夢野久作「死後の恋」
  • 募集人数:4人(主催者に加え、他の参加者のお顔や声がライブ配信される可能性が高いです。ご了承いただける方のみご参加ください。)
  • 場所:古書店『弥生坂 緑の本棚』
  • 参加費:1000円+おひとり1ドリンク1フードメニューのご注文
  • 募集開始日時:11月20日木曜 20時より

※お申し込みは先着順とさせていただきます。
※彗星読書倶楽部の読書会に初めて参加される方は、お申し込みの前に、こちらのページをお読みください。当日までに読み切ってなくてもOKだし、事前知識も必要ない、ということがお分かりいただけます。
※専門的議論・勧誘ビジネス・その他主催者が眉をひそめるような行動はおやめください。飲酒は可。
※今回は特別なイベントのため、 お手数ですがいつもより多い情報の入力にご協力ください。それらの情報は当サイトのプライバシーポリシーに則り管理いたします。
※お申し込み人数が定員を超えても、フォーム送信は可能です。お申し込みの順番によってはご期待に添えない場合もありますことをご了承ください。

お申し込みフォームはこの下に、20日20時より表示されます。
(当日に緊急の対応などがある場合には、彗星読書倶楽部のツイッターに最新情報を入れますので、PCでこのサイトをご覧の方は右のサイドバー、スマホ・タブレットでご覧の方は画面下部のツイッター連携画面からチェックしてください。)


お申し込みフォーム

12/5、お申し込みを締め切りました。