『僕はダ・ヴィンチ』

【味方につけたい1冊】no.4『僕はダ・ヴィンチ』ヨースト・カイザー

伝記読書の最大の効用は、「これだっ!」と言う人物をひとり、あるいは数人見つけ出し、狭く深く知ることで、違う土地・違う時代に生きていた人物の些細な具体的エピソードが、自分自身の生活と地続きであることに気づき、雷に撃たれるような衝撃を受けること、にあります。

もっと読む
高校生のための批評入門

【味方につけたい1冊】no.3
『高校生のための批評入門』筑摩書房

日本が世界に誇るアンソロジーを紹介する 何事もそうですが、ある分野における、「個別のものの質」の良し悪しを判断する能力を育てる最高の方法は、可能な限り多くの個別事例に触れることです。 すなわち、「浴びる」こと。 しかし、

もっと読む

【味方につけたい1冊】no.2
廣野由美子『批評理論入門「フランケンシュタイン」解剖講義』

読書の効用とは何か。 まず、誰もが考えるのは、 「ものの見方を広げるため」 というやつでしょう。 でも、世の中に本は多数あれど、たった一冊で28種類の考え方を教えてくれる本はそうそうない。 今回味方につけるのは、廣野由美

もっと読む