トップイメージ

彗星読書倶楽部

EVENT & SHOP

- 新刊書籍『Interviews vol.1』 -

ARTICLES

【5/24:オンライン読書会】彗星読書解放区 ニーチェ『ツァラトゥストラかく語りき』

なんと去年8月ぶり! 哲学者ニーチェの最高傑作、『ツァラトゥストラかく語りき』をゆっくり読む読書会を、オンラインで再開します。
突然、恐怖と混乱に覆われた世界で、私たちを支えるのは、
浮きも沈みもしない言葉です。
5/24 16:00 – 18:00に開催です!

【5/17:次世代オンライン読書会】彗星読書解放区 三冊会議

ご自宅にある本を三冊、ご用意いただくだけで参加できる、新しいタイプのオンライン読書会「三冊会議」。
他の参加者の発想が、あなたの本とつながってゆく、かつてないほどクリエイティブな読書会です。
次回は、5/17 16:00 – 18:00に開催です!

概念が再定義されるタイミングはここだ

ハードウェアとソフトウェア、という概念が登場したその時、この2つの性質を同時に持っているものとして、人が再認識できるようになったものがある。書物=紙の本だ。
……という話を、私はよく引き合いに出すのですが、私たちは、「再定義」と言う技術を武器にできるのかもしれません。

【オンライン読書会】彗星読書解放区 江戸川乱歩「D坂の殺人事件」を読む

日付:5/3
時間:16:00~18:00
参加チケット:¥1,000
参加手順:
チケットをご購入ください。
主催者の手元に届いた参加者のメールアドレスに、当日、
お集まりいただく本番環境へのアクセスURLとパスワードをお送りします。

この新しい地獄で、書物を愛する人にできること

(以下の文章は、いつもの私の文体とは違う文体で書かれています。とはいえ、いつも私が考えてきたことと、大して離れていません。) 書店を支えるためのクラウドファンディング『Bookstore AID』が始まった。 本屋さんを […]

実験的オンライン読書会「三冊会議」の成功レポート

オンライン読書会プログラム「三冊会議」のテスト回を開催しました。
司会である私と参加者が、一人ずつ、手元にある書籍を3冊用意し、簡単に紹介しながら、「その3冊を貫いているもの」を話す、というものです。
実際にやってみると、これが、とても面白い。というのも……

本を3冊1セットで読むことを推奨する

今からご紹介するのは、私がずっと行なっている、一種の読書法なのですが、これを他人に言うと、変な読み方だねと言われることが多いものです。
しかし、集中力が途切れやすい人、新しいアイディアをなるべくたくさん欲している人には、効果的でしょう。

オンライン読書会 テスト回参加要項

新型コロナウィルス禍により、人の接触・近距離コミュニケーションが出来なくなった今日、様々な業態が変革を強いられています。彗星読書倶楽部が続けてきた読書会も、スタイルを変えることにしました。本来であれば、様々な年齢層・立場 […]

サラ・ヴォーンの歌声を大人になって聴いたら

ある日、いつものようにSpotifyで音楽をかけていたら、利用者の好みに合わせて勝手に選曲してくれる機能により、中学生の時以来、耳にしていなかった歌声が聞こえてきた。
サラ・ヴォーンの「ラヴァーズ・コンチェルト」だ。
大人になった詩学調査員には、驚くべき体験となった。

【3月の読書会】マーキング読書会 宮沢賢治『春と修羅』「序」

3月は、予定していた1年ぶりの講座イベント『彗星教室』が延期になってしまい、普段の読書会もお休みを決めたのですが、何もしないでいることも不満なので、ネット上でマーキング読書会を敢行することにしました。 『読書会フェス』の […]

EDITED BY

森大那

1993年東京都出身。作家・デザイナー。早稲田大学文化構想学部文藝ジャーナリズム論系卒業。2016年に文芸誌『新奇蹟』を創刊、2019年まで全11巻に小説・詩・批評を執筆。2018年にウェブサイト&プロジェクト『彗星読書倶楽部』を開始。2020年に合同会社彗星通商を設立。

SNS & Podcast
  • Post Thumbnail
    Twitterは毎日更新。最新情報やサイトには書いていないエピソードもこちらに投稿されます。
  • Post Thumbnail
    AnchorFMにて、ゲストと共に本について語るネットラジオを週一回配信中。Spotifyなどの音楽配信サービスでもお聴きいただけます。