彗星ポッドキャスト

【音声配信】彗星ポッドキャスト再開のお知らせ&萩原朔太郎の解説篇を公開!

音声配信で、文学解説を始めます

これまで長らくお休みしていた音声配信番組『彗星ポッドキャスト』ですが、本日より、新たなスタイル・内容で配信することとなりました!

これまでは1篇1時間前後のプログラムを作っていましたが、
今回からは、1エピソード10分前後に。
そのおかげで、配信者である私は録音が楽になり、リスナーにも気軽にお聴きいただけるようになりました。

これまでは丸山さんとふたりで大掴みなテーマを設定しトークを繰り広げてきたものの、
丸山さんがご多忙となり参加できなくなってしまったことにより、扱う内容を変更。


再開後のポッドキャストのテーマは、
小説や詩、戯曲や批評などの文学の名作を、
私があらゆる角度から解説してゆくものとなります。

その作家は、なぜ評価されているのか。
その作品は、どこが面白いのか。
これは、解説のプロにしか言語化できないことです。
私の解説では、資料をもとに、作家や作品にまつわるエピソードを取り上げながら、
時に定説を、時に大胆な読解をお聞かせします。

1テーマあたり、3〜5エピソードで解説します。
つまり、合計で30分〜50分の解説になるわけですね。

試験的に、日本の詩人と言ったらこの人、という最重要詩人、萩原朔太郎について3本で語ってみましたが、
内容と配信スタイルの相性が、非常にいいと感じます。

語る内容を細切れにすることで、多角的な解説をすることができるのが、この新方式の魅力です。

『日本近代詩のヒーロー・萩原朔太郎の詩』

最初に3篇を録音することにし、ふさわしい題材として、萩原朔太郎の詩を選びました。

いまだに読み継がれ、他のどんな詩人よりも若い読者を獲得しているのは、どう考えてもこの人です。
とは言え、合計30分で語れることなんてほんのちょっとですが……
けれど、逆にその方が、情報がすっきりとまとまり、
萩原朔太郎を知らない人には入門として、
すでに知っている人には「そうそうそれが面白いんだよ」と思ってもらえるスケールかとも思えます。

そこで、第1回では初期の詩「猫」「干からびた犯罪」「天景」から、彼の決定的な<新しさ>を解説。

第2回では小説「猫町」「虫」から、彼のインスピレーションの源泉に迫り、

第3回では名作「死なない蛸」を取り上げて、詩の想像力のパワーを具体的に紹介しました。

それぞれのエピソードは、下の再生ボタンよりお聴きいただけます。

EDITED BY

森大那

1993年東京都出身。作家・デザイナー。早稲田大学文化構想学部文藝ジャーナリズム論系卒業。2016年に文芸誌『新奇蹟』を創刊、2019年まで全11巻に小説・詩・批評を執筆。2018年にウェブサイト&プロジェクト『彗星読書倶楽部』を開始。2020年に合同会社彗星通商を設立。

SNS & Podcast
  • Post Thumbnail
    Twitterは毎日更新。最新情報やサイトには書いていないエピソードもこちらに投稿されます。
  • Post Thumbnail
    AnchorFMにて、ゲストと共に本について語るネットラジオを週一回配信中。Spotifyなどの音楽配信サービスでもお聴きいただけます。
  • LINEで最新情報が受け取れます

    最新情報をLINEで受け取る