トップイメージ

彗星読書倶楽部

EVENT & SHOP

- 新刊書籍『Interviews vol.1』 -

ARTICLES

高校生のための批評入門

【味方につけたい1冊】no.3
『高校生のための批評入門』筑摩書房

日本が世界に誇るアンソロジーを紹介する 何事もそうですが、ある分野における、「個別のものの質」の良し悪しを判断する能力を育てる最高の方法は、可能な限り多くの個別事例に触れることです。 すなわち、「浴びる」こと。 しかし、 […]

文学ブートキャンプ1

彗星教室『文学ブートキャンプpart1』レポート

彗星読書倶楽部による講座イベント、彗星教室。 11月9日に、『文学ブートキャンプpart1』が開催されました。 イベントの詳細は下のページ。 [blogcard url=”http://suiseibookc […]

文学ブートキャンプ1

イベント『彗星教室「文学ブートキャンプ part1」』開催します!

講座イベント『彗星教室』が再び始まります!
今回の講師は、なんと管理人本人。
2018年11月9日、19:30〜21:00、神田のイベントスペースにて。

豊田徹也『アンダーカレント』

10月の読書会報告
豊田徹也『アンダーカレント』

10月28日(日)、根津の古書店&カフェ『弥生坂 緑の本棚』にて、月イチ読書会を開催しました。 課題作品は、2005年の刊行以来、愛され続けているロングセラー漫画『アンダーカレント』。 ツイッターで告知をすると、やはりフ […]

【味方につけたい1冊】no.2
廣野由美子『批評理論入門「フランケンシュタイン」解剖講義』

読書の効用とは何か。 まず、誰もが考えるのは、 「ものの見方を広げるため」 というやつでしょう。 でも、世の中に本は多数あれど、たった一冊で28種類の考え方を教えてくれる本はそうそうない。 今回味方につけるのは、廣野由美 […]

物語論を味方につける

わたしたち人間は、物語と共に生きています。 物語を利用して、自分の人生や、社会の動きをコントロールしようとすることさえありますよね。 そこで、そもそも「物語」とは何か、と考えると、驚くべき事実が浮かび上がってくるのです。 […]

読書会ヒントノート 漫画篇ver1

彗星読書倶楽部の月イチ読書会では、豊田哲也の名作『アンダーカレント』を皮切りに、漫画も取り扱うようになりました。 今回は、「読書会ヒントノートver1」を参考に、漫画を語り合うためのヒントをメモしておきますので、他の読書 […]

歴史を味方につける

歴史の本は強力な味方となるでしょう。
しかし、情報量は膨大。
どのように利用すべきか、本の選び方と、読解の仕方を紹介します。

読書会ヒントノート ver.1

読書会のヒントノートを作りました  どんな時であれ、感想を述べるというのは難しいものです。 何一つ言いたいことが思いつかない時もあれば、言いたいことはあるのに、いざ人前で話してみると、思ったことと違う言葉を選んでしまった […]

「世界を変えた書物」展、確かにスゴかった。

結論を先に書くと、見事な展示の仕方でした。
博物館学を学んだ人間の眼には、ある意味でお手本のような特徴が2つありました。

EDITED BY

森大那

1993年東京都出身。作家・デザイナー。早稲田大学文化構想学部文藝ジャーナリズム論系卒業。2016年に文芸誌『新奇蹟』を創刊、2019年まで全11巻に小説・詩・批評を執筆。2018年にウェブサイト&プロジェクト『彗星読書倶楽部』を開始。2020年に合同会社彗星通商を設立。

SNS & Podcast
  • Post Thumbnail
    Twitterは毎日更新。最新情報やサイトには書いていないエピソードもこちらに投稿されます。
  • Post Thumbnail
    AnchorFMにて、ゲストと共に本について語るネットラジオを週一回配信中。Spotifyなどの音楽配信サービスでもお聴きいただけます。