トップイメージ

彗星読書倶楽部

EVENT & SHOP

- 新刊書籍『Interviews vol.1』 -

ARTICLES

全集本はカッターで分解しよう
(持ち運ぶために)

名著や文学全集といった全集本は古書店で安く叩き売られていることがあります。これが持ち歩ければ最高なのですが、かなりの重さです。
そこで、カッターで本を分解し、読みたい部分だけ携帯する、というワザがあります。研究者や翻訳家の方が実践しているDIY読書テクニック、写真付きで解説します。

8月の読書会 士郎正宗『攻殻機動隊』お申込みフォーム

今月の読書会は、士郎正宗によるSF漫画『攻殻機動隊』です。
実は、6月に1章〜6章までを読む回を開催したのですが、今回は第7章〜ラストまで!
6月は諸事情により参加者が少なかったため、
前回参加できなかった皆さま、
初参加の皆さま、
お気軽にご参加ください!

開催日:8月18日(日)
時間:14:00〜16:00
場所:神田もしくは御茶ノ水エリア

第5回 ニーチェ『ツァラトゥストラかく語りき』読書会

今回は、今まで以上に、初参加の方ファーストな回になります!
前半は。これまでの内容をまとめるので、
「興味はあるけど、もう4回もやっている読書会に行って邪魔にならないか不安……」と感じてしまう方も、安心してご参加いただけます。

開催日: 8月25日(日)
時間: 14:00〜16:00

【彗星ポッドキャスト】第3回:青空文庫の楽しみ方 ゲスト:ひらはらあいさん

今回の彗星ポッドキャストは、ゲストにフォトグラファーのひらはらあいさんをお招きし、電子図書館『青空文庫』の楽しみ方について語っていただきました!

「後ろ向きに前へ進め」と歌う千年前の詩集『ルバイヤート』

ポジティブシンキングが対応できない事態や瞬間に対して、何が有効となるのだろう。
ここにひとつ、多くの人が忘れてしまった、人類が継承すべき思考法がある。

詩学調査員のフィールドノート

見よ、今、1人の若者が日比谷公園を横切って、図書館に入った。 3階で図書分類番号のゼロ番、「総記」の棚からいくつか本を引き抜くと、その足で美術館の図録も抱え、机の上に積み上げては、流し読みをしてゆく-- と、何冊目かの図 […]

7月の読書会:手塚治虫『奇子』お申込みフォーム

7月の読書会は、漫画家・手塚治虫の傑作『奇子』です。
戦後に没落を始める、とある農村の大地主一家の命運を描きながら、蔵の地下に幽閉された少女・奇子(あやこ)を巡った駆け引きを描くサスペンスにして、濃厚で爛れたエロティシズムに満ちる残酷物語でもあります。

第4回 ニーチェ『ツァラトゥストラかく語りき』読書会

大好評、ニーチェの哲学書『ツァラトゥストラかく語りき』を読む読書会の4回目を開催します!
先日の3回は難しい箇所もありましたが、ニーチェの思想のコアの部分が早くもわかってきましたね。
もちろん第4回も、初参加OKですので、ぜひご参加ください。

【読書会レポート】第3回ニーチェ読書会

大好評、哲学者ニーチェの『ツァラトゥストラかく語りき』を一番最初からゆっくり読み進める読書会の第3回が、神田のイベントスペースで開催されました。
今回は初めて参加される方が半数以上!
お申込みされてから読み始めたという人、以前読んだけれど止めたままだった人、ニーチェの別の本を読んだことがある人と、本書に触れた経緯は様々だったようです。

【読書会レポート】『攻殻機動隊』読書会

6月16日、士郎正宗『攻殻機動隊』の読書会が開催されました。
会場は神保町の古書店『@ワンダー』2F、カフェ『二十世紀』。

EDITED BY

森大那

1993年東京都出身。作家・デザイナー。早稲田大学文化構想学部文藝ジャーナリズム論系卒業。2016年に文芸誌『新奇蹟』を創刊、2019年まで全11巻に小説・詩・批評を執筆。2018年にウェブサイト&プロジェクト『彗星読書倶楽部』を開始。2020年に合同会社彗星通商を設立。

SNS & Podcast
  • Post Thumbnail
    Twitterは毎日更新。最新情報やサイトには書いていないエピソードもこちらに投稿されます。
  • Post Thumbnail
    AnchorFMにて、ゲストと共に本について語るネットラジオを週一回配信中。Spotifyなどの音楽配信サービスでもお聴きいただけます。